独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・金鯱賞(G2)&フィリーズレビュー(G2)・Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@bakenbu)です。

土曜競馬の阪神メイン「ポラリスS」は、本命に推した「タガノビューティー」がスタートで煽って出遅れでジ・エンド…。

最後は追い上げましたが、あそこまで出遅れたら4着で仕方がないのかな?

っとも思いますが?

続く中山メイン「中山牝馬ステークス」は本命に推した「フェアリーポルカ」が中段の良い位置で競馬をしていましたが、何故か直線インを突いて結果惨敗。

勝ったのは、荒れるならこの馬と挙げた1頭の「クリノプレミアム」。

2着にも12人気の「アブレイズ」が入線し、馬連馬券は10万馬券に…。

う〜ん…

これは正直言って取れなかったですね。

まあ、明日の金鯱賞で巻き返したいと思いますが、最近、ちょっと流れが悪い気がしていますが、気のせいでしょうか?

「ばけん部」のYouTubeを始めました。

競馬コラムや、土日のメインレースのΩ指数を先行配信し、Ω指数上位馬の個人的な寸評などをダラダラと話すチャンネルです。

競馬予想のお供に、ラジオ代わりに聴いて頂ければ幸いです。

YouTubeチャンネルはコチラをクリック。

また、今まで、Twitterはブログ用のアカウントで競馬のTweetもしていましたが、4月からは、競馬専門のアカウントでTweetします。

今後はそちらでのみ、競馬関連のTweetを致しますので、宜しければ「ばけん部のTwitter(@bakenbu)クリック」のフォローも併せてお願い致します。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

3/5
中山・11R・オーシャンS(G3)・38点「不的中」
阪神・11R・チューリップ賞(G2)・16点「不的中」
3/6
阪神・11R・大阪城S(L)・13点「不的中」
中山・11R・弥生賞(G2)・12点「不的中」

上記の様な結果でした。

土曜競馬、阪神メインの「チューリップ賞」は、本命に推した「ナミュール」がスタートを上手く決め、好位から中段を追走し、直線、前が詰まるも、武君が冷静に外に出し、上がり33.9の脚を使い1着入線。

正直、あの競馬では、前が詰まって駄目かと思いましたが、外に出した不利も有りながらの優勝はちょっとした感動。

ただ…

2着の「ピンハイ」に関しては、ちょっとね…

まあ、これは仕方ない。

続く中山メイン「オーシャンS」は本命に推した「サヴォワールエメ」が先行すると思っていたら、なんと最後方からの競馬でスタートして直ぐに馬券の不的中が確定。

勝ったのはΩ指数で2位の「ジャンダルム」で、2着にもΩ指数で3位の「ナランフレグ」。

3着には▲印の「ビアンフェ」が入線し、馬券は不的中に。

人気だった、「スマートクラージュ」は、やはり重賞の壁なのか、中山未経験というのが裏目に出たのか10着に敗退。

「スマートクラージュ」に関しては、「京都金杯」の「エアロロノア」の香りがしたが、対抗にしてしまったのは失敗でした。

まあ、土曜競馬に関しては、「チューリップ賞」は3連単の豆馬券で。

中山メインの「オーシャンS」に関しても、本命「サヴォワールエメ」の人気の無さに、こちらも豆馬券での購入。

ちょっとした夢を見れたので良しとしますが、やはりΩ指数の上位馬での決着になったので、ここは馬券の買い方が下手過ぎたことを素直に反省。

そして日曜競馬の阪神メイン「大阪城ステークス」は、本命に推した「カレンシュトラウス」が直線追い込むも2着まで。

勝ったのは無印の「アルサトワ」で、3着にも無印の「アイコンテーラー」で馬券は不的中。

3着の「アイコンテーラー」は、指数を見ると頷けるが、1着の「アルサトワ」は指数からは買えなかった。

続く中山メイン「弥生賞」は本命に推した「アテンロウレオ」が道中典さんが押さえての騎乗も、4角で最後方にまでズルズルと落ちると言う不可解なレース。

勝ったのは▽評価の「アスクビクターモア」で、2着に「ドウデュース」、3着に「ボーンディスウィ」と言う結果で、馬券は不的中。

まあ、3歳戦は本当に難しいですね。

本番の「皐月賞」では、指数通りに決まってくれれば良いのですが…。

そしてΩ指数を用いた、WIN5も5鞍の内、2鞍のみと言うお寒い結果で玉砕…。

まあ、WIN5を32点で取ると言うのは、ちょっと難解なのですが、今後も、この企画は続けてみたいと思っています。

それでは予想です。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク「判定制度」について。

WIN5・Ω指数予想

阪神10R残念 ⑯指数1位⑫指数2位②指数3位
中山10R残念 ⑬指数1位⑦指数2位⑧指数3位
中京11R的中 ⑬指数1位⑤指数3位③指数4位
阪神11R的中 ②指数1位④指数8位
中山11R残念⑬指数1位②指数2位

合計108点。

阪神・11R・フィリーズレビュー(G2)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は89.5Pで②ナムラクレア。

Ω指数の上では次位が82.9Pで⑥アネゴハダが続く。

今回、Ω指数で80Pを超えて来た馬が4頭に77Pを超えて来た馬が7頭ですので、その中から勝ち馬、及び馬券候補が現れると思い予想をして行きます。

そして、昨日アップしたYouTubeでも言っている様に、「フィリーズレビュー」に関しては、その後、短距離で活躍している馬が目立ちますので、その傾向に沿った馬券を考えて行きたいと思います。

先ずは本命ですが、これはΩ指数を見ても、過去のレースを見ても、基本、短距離志向の強い馬で、前走「阪神JF」に関しては、能力での5着なのかと思っている②ナムラクレアが順当に勝ってくれると思います。

上記の事を鑑みると、ここは軸不動で、尚且つこの面子ならば頭から狙って行きたい。

相手本線は、人気にはなるのかと思いますが、Ω指数で4位、80.2Pの⑧テイエムスパーダを狙い打つ。

テイエムスパーダはデビューから一貫して6ハロンを使われており、2走前の「フェニックス賞」では「ナムラクレア」から0.1差の2着に入線している。

懸念材料は、デビュー以来、平坦コースの小倉でのみしか走っていない事でしょうか?

3番手には乗り替わりがどうかも、Ω指数、77.6Pの④サブライムアンセムを推奨する。

前走、3歳未勝利では、スタート直後に掛かったのか、先行しながらも後退。

そこから押し上げ、直線、不利が有りながらも1着に入線している。

その勝負根性は素晴らしく、直線の伸びもとても良かった。

前走、3歳未勝利なので、レースレベルはどうかも、デビュー3戦目から芝の7ハロンを連続2着している事も有り、面白い存在ですね。

爆弾印の★にはΩ指数では79Pの⑭ウィリンを推奨する。

デビューの新馬戦は出遅れながらも2着馬に馬なりでの競馬で7馬身差で1着入線。

その後故障も有り、放牧したが、復帰戦の2走目はリステッドの7ハロンで3着入線と上々の成績を残している。

今回は外枠に入ってしまい、⑦コンクパールとの兼ね合いがどうかですが、テンのスピードは速いし、番手での競馬も可能な事から爆弾印に推奨する。

以下、Ω指数で2位、82.9Pの⑥アネゴハダに80.5Pの⑩キミワクイーン。

穴で、指数は少し足りない76Pですが、デビュー3戦、6ハロンで、前走で7ハロンを経験している①アドヴァイスまでを押さえる。

阪神・11R・フィリーズレビュー(G2)・芝1400m 良 【不的中】
【推奨度・Cランク】
◎  2着 ② ナムラクレア
◯13着 ⑧ テイエムスパーダ
▲  1着 ④ サブライムアンセム
★15着 ⑭ ウィリン

注  3着 ⑥ アネゴハダ
△  7着 ⑩ キミワクイーン
△  8着 ① アドヴァイス

本日は以上の7頭での予想となります。

馬券は3連単フォーメーションで合計15点です。

3連単・参考買い目。
1着・◎
2着・◯・▲・★
3着・◯・▲・★・注・△・△

結果
1着 サブライムアンセム
2着 ナムラクレア
3着 アネゴハダ

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

中京・11R・金鯱賞(G2)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は97.1Pで⑬サンレイポケット。

Ω指数の上では次位が96Pで⑩レイパパレが続く。

が、このレースでΩ指数の90Pを超えて来た馬が実に6頭と混戦模様。

人気になりそうなのが③ジャックドールですが、YouTubeでも話した様に、前走の「白富士S」の内容が圧巻で、時計も1:57.4と非常に優秀な時計。

これもYouTubeで話しましたが、「エフフォーリア」が勝った「天皇賞・秋」のタイムが1:57.9なので、時計的にも、G2のこの戦いでは負けられないか?

まあ、競馬に関しては、例えば、土、日でもタイムの差が有りますし、単純に時計の比較は、正直無意味なのですが、ジャックドールに関しては、「白富士S」で持ったままで、「アドマイヤハダル」に0.2差をつけての圧勝。

これも距離に馬場も違いますし、その時の馬の調子も有りますから、一概には言えませんが、「アドマイヤハダル」を物差しにすると、「中山記念」で勝った「パンサラッサ」から0.4差なので、それらを考慮すると重賞ではちょっと足りない感もしますかね?

そんなこんなで本命に推すのはΩ指数で1位の⑬サンレイポケットです。

これは本当に悩みましたが、前走、右回りでのスローペースを位置を取っての3着には正直言って驚きました。

今回は、得意の左回りで、尚且つ、脚の使い所も自由になった今、この馬の軸は不動のものとして本命に推します。

相手本線は、Ω指数で2位の⑤ポタジェが有力でしょうか?

前走のAJCCこそ、5着に敗れましたが、距離適性外の走りで、今回は2000mに戻った事で、大いに期待出来る1頭だと思います。

3番手には、これ以上評価は下げられない③ジャックドールを推奨します。

前述した様に、前走の「白富士賞」の走りが秀逸立った事に加え、藤岡祐ジョッキーが継続騎乗なのも好都合。

前走の走りを再現出来るとすると、上記の2頭を脅かす存在になると思っています。

もしも、馬券圏外に敗れた場合は、重賞の壁が厚かったという事でしょうか?

爆弾印の★には、藤岡康ジョッキー騎乗の⑫ランブリングアレーか?

ランブリングアレーに関しては、本日の「中山牝馬ステークス」も視野に有ったかと思いますが、ここを選んで来た事を察するに、ここでも好勝負が出来るものかと思っています。

以下、Ω指数では物足りないものの、88.2Pの⑧アラタに、⑦シャドウディーヴァ、⑩レイパパレ、⑪ステラリアまでを押さえる。

中京・11R・金鯱賞(G2)・芝2000m 良 【不的中】

【推奨度・Cランク】
◎  7着 ⑬ サンレイポケット
◯  8着 ⑤ ポテジェ⑧ アラタ
▲  1着 ③ ジャックドール
★  9着 ⑫ ランブリングアレー
△  4着 ⑧ アラタ
⑤ ポテジェ
△12着 ⑦ シャドウディーヴァ
△  2着
⑩ レイパパレ
△11着 ⑪ ステラリア

本日は以上の8頭での予想となります。

馬券は3連複フォーメーションの1-3-7で合計15点です。

結果
1着 ジャックドール
2着 レイパパレ
3着 アカイイト

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

本日はこんな感じの予想になりましたが、正直、ここ最近の流れからしてあまり良い流れでは無い。

そしてWIN5に関しては、今回で5回目の挑戦となりますが、基本、WIN5を108点で取ると言うのも、正直無謀なのかと思いますが、宝くじ感覚で楽しめれば良いのかと思っています。

はてさて結果や如何に…。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//
注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の参考能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。