独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・京都牝馬ステークス(G3)・ダイヤモンドステークス(G3)・Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

ここ2週間ほど、首から肩、背中に腕まで痛みが酷くて病院に行って診てもらったところ、「頚椎ヘルニア」という事で最近、毎日病院に通ってリハビリを受けています。

ただ、病院のリハビリだけでは痛みが取れないので、リハビリの後に毎日、接骨院でマッサージを受けているので、諭吉さんが飛んでゆく日々です。

これは競馬を当てて、治療費の足しにしたいのですが…。

さて、今週は、今年お初のG1「フェブラリーステークス」が東京競馬場で行われますね。

ただ、日曜日の天候はどうも怪しい。

馬場が良なのか、重なのかによって、予想も変わって来ますので、前日に予想を出している身としては辛い。

なので、日曜日の「フェブラリーステークス」の予想は、一応、いつも通り前日にアップしますが、天候によって、印の入れ替えも有るかも知れません。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

2/12
阪神・11R・洛陽S(L)・16点【的中・1.860円・10.270円】
東京・11R・クイーンカップ(G3)・18点【不的中】
2/13
小倉・11R・北九州短距離S(OP)・10点【不的中】
東京・11R・共同通信杯(G3)・36点【不的中】
阪神・11R・京都記念(G2)・16点【不的中】

上記の様な結果でした。

土曜競馬、東京メインの「クイーンカップ」は、無印の「プレサージュリフト」が直線、強く伸びて快勝。

期待し、本命に推した「ベルクレスタ」は直線伸びるも3着止まりで、▲印の「スターズオンアース」が2着に◯印の「ラリュエル」が4着という結果に。

う〜ん…

「プレサージュリフト」が居なければと思いますが、これも競馬。

阪神メインの「洛陽S」は本命に推した「エアファンディタ」が有り得ない所から突っ込んで来て1着入線。

2着にも◯印の「ダーリントンホール」で3着も▲印の「ファルコニア」が入線し、馬券は本線で的中。

予想に3連単馬券は入れて居ませんでしたが、◎⇨◯-▲-★の3連単馬券を買っていたので、収支は大幅プラス計上でした。

続く日曜競馬は記事にも書いた様にやはり坊主でした。

小倉メインの「北九州短距離S」は、本命に推した「マイネルジェロディ」は3着に来るも、2着、3着が抜けで不的中。

続く阪神メイン「京都記念」は週中にTweetした様に、勝つ馬が居ない…。

っと言っていた様に、1着は12人気の「アフリカンゴールド」で、2着にも8人気の△印「タガノディアマンテ」が入線し、3着にようやく本命に推した「サンレイポケット」が入線するも馬券は不的中。

続く、東京メイン「共同通信杯」は本命に推し、期待していた「アサヒ」が、スタートで出負けして最後方からの競馬に…。

直線、内を突くも、伸び一息で、5着入選がやっとという状況に。

勝ったのは、△印の「ダノンベルーガ」で、2着にも△印の「ジオグリフ」という結果でした。

▲印の「ビーアストニッシド」は予想通り逃げの一手で3着を確保。

日曜競馬の馬場を考えると、本命は「ビーアストニッシド」が正解だった気もします。

まあこれも競馬ですね。

それでは予想です。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク【判定制度】について。

阪神・11R・京都牝馬ステークス(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は93.8Pで⑯ドナウデルタ。

Ω指数の上では次位が93.6Pで⑪ギルテッドミラーが続く。

ですが、他にも僅差でΩ指数が90Pを超えて来た馬も居る事からちょっと難解な一戦ですね。

そして、阪神競馬場の明日の天候も怪しい。

ここは思い切って④プールヴィルを本命に推奨する。

別定戦で、斤量が他馬よりも重い56Kですが、Ω指数で3位、そして今回は鞍上が乗り替わりだが、好成績を残して来た秋山ジョッキーへの乗り替わりならば問題は無く、一発の可能性に賭けてみる。

相手本線は、鞍上が福永ジョッキーに戻る⑪ギルテッドミラーが調教も良く、こちらも一発の可能性は秘めている。

3番手評価は、前走、突き抜けた⑮タンタラスが川田ジョッキー騎乗で面白い存在。

調教もよく動いており、鞍上乗り替わりも、世界の川田ジョッキーならば先行し、突き抜けるシーンも容易に想像出来る。

爆弾印の★には斤量56Kですが、Ω指数で最上位の⑯ドナウデルタを推奨する。

前走、ターコイズSは大敗も、2走、3走前ぐらい走ればここでも能力は足りるはず。

以下、近走大敗も、条件がG1、G2でのもので、牝馬限定のG3クラスならば能力は足りる⑦ロータスランド。

近2走はダートを使ってまるで駄目でしたが、芝に戻って見直せる⑬クリスティがお初の距離ながら鞍上、武豊で調教も非常に良かったので一発の可能性は有り得る。

Ω指数では少し物足りないが、最終追い切りで、自己ベストを叩き出し、このコースと距離は、新馬と「フィリーズレビュー」での勝ち鞍が有る⑧シゲルピンクルビー。

②スカイグルーヴはΩ指数で上位ですが、中間の調教量の不足がどう出るか分からないので3連系の紐までとします。

阪神・11R・京都牝馬S(G3)・芝1400m 良 【不的中】
【推奨度・Cランク】
◎  7着 ④ プールヴィル
◯  6着 ⑪ ギルテッドミラー
▲  3着 ⑮ タンタラス
★  8着 ⑯ ドナウデルタ

注  1着 ⑦ ロータスランド

△15着 ⑬ クリスティ
△  4着 ⑧ シゲルピンクルビー
△  2着 ② スカイグルーヴ

本日は以上の8頭での予想となります。

馬券は馬連の◎⇨◯〜注を本線に3連複フォーメーションの1-3-7で合計19点です。

結果
1着 ロータスランド
2着 スカイグルーヴ
3着 タンタラス

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

東京・11R・ダイヤモンドS(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は91.9Pで⑦ヴェローチェオロと⑩レクサランスが同率で1位。

Ω指数の上では次位が91.3Pで⑨テーオーロイヤルが続く。

Ω指数で90Pを超えて来た馬は、上記の3頭。

が、ここはハンデ戦で、Ω指数で下位の馬の台頭も有り得る。

Ω指数に関しては、ハンデ差も考慮していますが、数字に現れない部分も有り、尚且つ距離が3400mの長距離戦なだけにΩ指数に囚われ過ぎるのも、どうかと思う。

長距離戦は騎手で買え。

っと言う様に、ここは鞍上の能力も加味して予想をして行きたい。

で、本命に推奨するのは、前走の「万葉S」でタイム差無しの2着に好走した⑩レクセランスを推奨する。

鞍上、乗り替わりも、横山武ならば問題は無く、レクセランスも異なるジョッキーで、近走、好走しているので問題は無いのかと思う。

相手本線はやはりΩ指数で上位で、「菊花賞」では6着も、勝った馬からは1.1差でしたが、前走の内容と鞍上から⑦ヴェローチェオロを推奨する。

長距離も「菊花賞」で経験しているし、前走の「グレイトフルS」でも戸崎騎乗で先行して勝ち切っているので、ここは逆転の目も有り得る。

3番手評価にはやはりΩ指数で上位の⑨テーオーロイヤルを推奨する。

大きく崩れたのは、デビュー2戦目の未勝利戦のみで、「青葉賞」では0.1差の4着、その後、1勝、2勝、3勝クラスを3連勝で迎えるこのレースは上記2頭を逆転する可能性も大きい。

ほぼ、この3頭で決まりそうな気配もしますが、穴で一考したいのが③ヴァルコス。

馬主は大魔神こと、佐々木オーナーで、今週は所有馬、5頭の内の3頭を出走させているだけに、勝負気配が濃厚。

Ω指数では劣り、尚且つあまり好きではないジョッキーの三浦鞍上ですが、三浦ジョッキーは、「ダイヤモンドS」に関しては好成績を残しているので、頭はどうかも、2着、3着狙いなら十分に有り得る存在。

以下、長距離実績の有る⑥トーセンカンビーナ、ミルコ騎乗の⑪カウディーリョ、⑤カレンシェルブルまでを3連系の紐に押さえる。

東京・11R・ダイヤモンドS(G3)・芝3400m ハンデ 良 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  9着 ⑩ レクセランス
◯  5着 ⑦ ヴェローチェオロ
▲  1着 ⑨ テーオーロイヤル
★  4着 ③ ヴァルコス
注  3着 ⑥ トーセンカンビーナ

△14着 ⑪ カウディーリョ
△  6着 ⑤ カレンシェルブル

本日は以上の7頭での予想となります。

馬券本線は馬連の◎⇨◯〜★ですが、念の為馬連、◎-◯-▲のBOXと◎⇨★、3連複フォーメーションの1-3-6で合計16点です。

結果
1着 テーオーロイヤル
2着 ランフォザローゼス
3着 トーセンカンビーナ

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

本日はこんな感じの予想になりましたが、阪神の「京都牝馬S」は馬場が現時点では分からないが、思い切って「プールヴィル」から狙ってみる。

東京メインの「ダイヤモンドS」は、ほぼ印上位の4頭で決まりそうな気配も、3連系でちょっとした穴馬券も拾ってみたい。

はてさて結果や如何に…。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。