独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・弥生賞(G2)&大阪城ステークス(L)・Ω指数&予想公開。おまけでWIN5・Ω指数予想。

Kera

こんにちは、Kera(@bakenbu)です。

土曜競馬、阪神メインの「チューリップ賞」は、本命に推した「ナミュール」がスタートを上手く決め、好位から中段を追走し、直線、前が詰まるも、武君が冷静に外に出し、上がり33.9の脚を使い1着入線。

正直、あの競馬では、前が詰まって駄目かと思いましたが、外に出した不利も有りながらの優勝はちょっとした感動。

ただ…

2着の「ピンハイ」に関しては、ちょっとね…

まあ、これは仕方ない。

続く中山メイン「オーシャンS」は本命に推した「サヴォワールエメ」が先行すると思っていたら、なんと最後方からの競馬でスタートして直ぐに馬券の不的中が確定。

勝ったのはΩ指数で2位の「ジャンダルム」で、2着にもΩ指数で3位の「ナランフレグ」。

3着には▲印の「ビアンフェ」が入線し、馬券は不的中に。

人気だった、「スマートクラージュ」は、やはり重賞の壁なのか、中山未経験というのが裏目に出たのか10着に敗退。

「スマートクラージュ」に関しては、「京都金杯」の「エアロロノア」の香りがしたが、対抗にしてしまったのは失敗でした。

まあ、土曜競馬に関しては、「チューリップ賞」は3連単の豆馬券で。

中山メインの「オーシャンS」に関しても、本命「サヴォワールエメ」の人気の無さに、こちらも豆馬券での購入。

ちょっとした夢を見れたので良しとしますが、やはりΩ指数の上位馬での決着になったので、ここは馬券の買い方が下手過ぎたことを素直に反省。

さて、日曜競馬は、「皐月賞」トライアルの「弥生賞」に、阪神では、ハンデ戦の「大阪城S」が行われますが、どうでしょう?

「ばけん部」のYouTubeを始めました。

競馬コラムや、土日のメインレースのΩ指数を先行配信し、Ω指数上位馬の個人的な寸評などをダラダラと話すチャンネルです。

競馬予想のお供に、ラジオ代わりに聴いて頂ければ幸いです。

YouTubeチャンネルはコチラをクリック。

また、今まで、Twitterはブログ用のアカウントで競馬のTweetもしていましたが、4月からは、競馬専門のアカウントでTweetします。

今後はそちらでのみ、競馬関連のTweetを致しますので、宜しければ「ばけん部のTwitter(@bakenbu)クリック」のフォローも併せてお願い致します。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

2/26
阪神・11R・仁川ステークス(L)・31点【的中1.010円・5.140円・22.210円】
2/27
阪神・11R・阪急杯(G3)・18点【不的中】
中山・11R・中山記念(G2)・22点【不的中】

上記の様な結果でした。

土曜競馬、阪神メインの「仁川ステークス」は、記事にも書いた様に、馬連1点、3連複&3連単馬券も総取りで、先週の負けを十分に取り返す事が出来ました。

Ω指数で1位の「グレートタイム」は中段進出し、危なげなく勝利。

相手で、Ω指数2位の「アルドーレ」も中段後方から伸びて来ましたが、2着止まり。

3着には、Ω指数で4位の「ヒロイックテイル」が突っ込んで来て、3連単馬券は万馬券に。

馬連、1点で1万円の勝負をしたので、日和って3連複と3連単の馬券はちょっと少額になってしまいましたが、それでも十分なリターンに。

https://twitter.com/keranolog/status/1497464247269220355

続く、日曜競馬の東西重賞は、Tweetした様に、本命と対抗を入れ替えるかで悩んだ挙句、初志貫徹し、見事に爆死…。

阪神メインの「阪急杯」は本命に推した「タイセイビジョン」は後方から直線進撃を開始するも8着に敗退。

勝ったのは対抗の「ダイアトニック」で、2着に△の「トゥラヴェスーラ」が入線し、3着は無印の「サンライズオネスト」という結果に。

まあ、こちらは3着が無印でしたので、いずれにせよ馬券は不的中に。

「タイセイビジョン」の幸ジョッキーのコメント。

「前へ行った馬が止まらない展開で、この馬には苦しい競馬になりました。1200mがベストかもしれません」

続く中山メインの「中山記念」は本命に推した「ダノンザキッド」がスタートであおってしまい後方からの競馬に。

レース直後に位置を上げるも、そこで脚を使ってしまい、ジ・エンド。

レースは「パンサラッサ」が逃げて、1000m通過が57.6秒というハイペースに。

結果、先頭でゴール板を駆け抜けて1着入線。

2着には、使い詰めが気になると言っていた「カラテ」が入線し、3着には「アドマイヤハダル」が入線という結果に。

う〜ん…。

やはり、東西ともに、本命を入れ替えるべきでした。

「ダノンザキッド」に関しては、記事の中で、「罠の香りがする?」と言っていた様に、やはり罠でした…。

一応、川田ジョッキーのコメントはこんな感じ。

「返し馬では抜群に具合が良く感じました。中山に嫌な記憶が残っているのか全く走る気になってくれませんでした。また考えなければいけないですね」

そして、「WIN5」に関しては、「中山10R」と「小倉11R」が不的中で、WIN3で終わってしまいました。

先週は、一日休日が有ったので、Ω指数を出せましたが、今後も、Ω指数を出せる機会が有って、尚且つ土曜競馬で勝っていればWIN5にも挑戦するかもです?

まあしかし…

本命が共に崩れると戦意喪失しますね。

まあ、土曜競馬の「仁川ステークス」で、馬連1点、1万円勝負で勝ち、3連複&3連単馬券も取れたので、良しとしますか?

あ〜…

土曜日の勝ち分が少なくなったしまった…

と、何を思ったか逆転一発の禁断の「高知ファイナル」に手を出した結果は…

https://twitter.com/keranolog/status/1498133400498032642

上手くはまってくれて高配当に(๑>◡<๑)

日曜競馬の負けは十分に取り戻せました。

ホントは一点、300円行こうと思ってましたが、日和って一点、100円だったのはご愛嬌ですか?

それでは予想です。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク「判定制度」について。

WIN5・Ω指数予想

中山9R   ④指数1位指数2位 不的中
阪神10R 指数1位指数2位 的中
中山10R ③指数1位指数2位 的中
阪神11R ⑫指数1位指数2位 不的中
中山11R ⑤指数2位指数1位 不的中

合計32点。

阪神・11R・大阪城S(L)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は94.8Pで⑫カレンシュトラウス。

Ω指数の上では次位が93.1Pで④レッドガランが続く。

差が無く、91.3Pで⑤バイオスパーク。

恐らく、上記3頭の中から勝ち馬が出ると予測されるが、ここはハンデ戦。

下は51Kから上は57.5Kとやや開きのあるレース。

YouTubeでも話した様に、JRAのハンデキャッパーは優秀で、基本、ハンデの斤量が重いほど、強いという逆説的な見方も出来る。

そして、いつも言っていますが、Ω指数はハンデ差も補正しての指数なので、ここは素直に⑫カレンシュトラウスを本命に推奨したい。

前走の「東京新聞杯」は休み明けで0.7差の4着入線。

2走前は大敗も、鼻出血が有ったとの事なので、それ以外のレースでは馬券圏内を外した事の無い堅実派。

マイルを多く使われているが、1800mに2000mでも馬券圏内に入っている事を考慮すると、阪神1800mは未経験もこなしてくれるであろうと言う希望的観測。

相手本線も、Ω指数で2位の④レッドガランで良いと思っています。

近走、斉藤ジョッキーで好成績を残していて、継続騎乗。

前走「京都記念」は「アフリカンゴールド」の逃げにまんまといっぱい食わされた感も有るが、着差0.4差で、3着の「サンレイポケット」とはコンマ1秒差なので、適距離の2000mならば、トップハンデでも頭まで有るかも知れぬ。

3番手評価は、Ω指数で91.3Pの⑤バイオスパーク。

近走を見ると、買える材料は乏しいも、4走前の「函館記念」程度走れば、ここでも馬券圏内は有るでしょう。

ハンデ57Kはいつも通り見込まれた感は拭えぬが、逆に言えば走り慣れている斤量とも言え、スムーズならば、ここでも馬券圏内の3着程度は走れるでしょう。

爆弾印の★には、Ω指数で85.2Pの②サトノフェイバー。

同型馬も複数居るのでどうかとも思うが、今回は休み明けを叩かれての一戦で、枠を考慮すると上手くすれば逃げられそうな気配も?

⑪アルサトワもテンのスピードは速いので、番手に回ると脆い一面は心配だが、逃げられたらの条件付きで爆弾印に推奨する。

以下、近走はマイルばかりを使われていて、距離が微妙も、ハマれば怖い脚の有る⑨ラセットまでを押さえる。

阪神・11R・大阪城S(L)・芝1800m・ハンデ 良 「不的中」
【推奨度・Dランク】
◎  2着 ⑫ カレンシュトラウス
◯  4着 ④ レッドガラン
▲  5着 ⑤ バイオスパーク
★  6着 ② サトノフェイバー

注  8着 ⑨ ラセット

本日は以上の5頭での予想となります。

馬券は馬連◎⇄◯と3連複、1頭軸流しと、3連単フォーメーションで合計13点です。

3連単・参考買い目。
1着・◎・◯
2着・◎・◯
3着・▲・★・注

結果
1着 アルサトワ
2着 カレンシュトラウス
3着 アイコンテーラー

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

中山・11R・弥生賞(G2)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は88Pで⑦ドウデュース。

Ω指数の上では次位が84.7Pで⑤マテンロウレオが続く。

が、このレースでΩ指数の80Pを超えて来た馬が実に7頭と混戦模様。

ここは⑦ドウデュースで硬い気もするが、使われて成長している強みを活かせば⑤マテンロウレオの逆転劇も可能な気もする。

Ω指数でもその差は3.3Pなので、ここは逆転の目も有り得る。

マテンロウレオに関しては、「昆厩舎」+「典さん」+「アート引越センター」のトリオでの馬券圏内率は高い。

マテンロウレオに関しては、賞金的には足りるので、そこまで仕上げては来ないと思うのでどうかとも思うが、ここはちょっと狙ってみたい。

相手本線には、やはりここでは格が違う⑦ドウデュースで良いでしょう。

Ω指数でも1位で、過去3走、異なるコースでの勝利を挙げているので、ここは相手本線以下には落とせないか?

3番手評価は、中間、順調さを欠いた事が気になるが、前走「ホープフルS」の内容の良かった⑧ラーグルフ。

「ホープフルS」に関しては、インが有利なトラックバイアスを味方に付けたという印象は拭えないが、先行し、3着に踏ん張るのは力が無いと出来ない芸当とも言える。

爆弾印の★には、Ω指数で81.7Pの②メイショウゲキリンを推奨する。

デビュー3戦はダートも、芝に転向してからは逃げる競馬で渋とい走りをしている。

今日の中山コースを見ていても、先行した馬が残っている事を考慮すると、鞍上強化で、面白い存在だと思う。

以下、3連系の紐で、Ω指数で80P以上の⑨インダストリア、⑩アスクビクターモア、⑪ロジハービンまでを押さえる。

が、馬券本線は◎〜★印までで、★以下の印に関しては3連単の紐までとする。

中山・11R・弥生賞(G2)・芝2000m 良 「不的中」
【推奨度・Cランク】
◎10着 ⑤ マテンロウレオ
◯  2着 ⑦ ドウデュース
▲11着 ⑧ ラーグルフ
★  9着 ② メイショウゲキリン
▽  5着 ⑨ インダストリア

▽  1着 ⑩ アスクビクターモア
▽  7着 ⑪ ロジハービン

本日は以上の7頭での予想となります。

馬券は馬連の◎⇨◯〜★と3連複フォーメーションの1-2-6で合計12点です。

結果
1着 アスクビクターモア
2着 ドウデュース
3着 ボーンディスウェイ

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

本日はこんな感じの予想になりましたが、阪神11R「大阪城S」は、基本、上位2頭の争いと見ますし、中山11R「弥生賞」も基本、上位2頭の争いか?

馬券的には東西共に、どうも印上位2頭での争いが濃厚な気がしてならない。

東西共に◎&◯での馬連馬券が本線になるのかと思われますが…。

そしてWIN5に関しては、今回で4回目の挑戦となりますが、基本、WIN5を32点で取ると言うのも、正直無謀なのかと思いますが、宝くじ感覚で楽しめれば良いのかと思っています。

はてさて結果や如何に…。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//
注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の参考能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。