独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・京都記念(G2)・共同通信杯(G3)・オマケで北九州短距離S(OP)・Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

土曜競馬、東京メインの「クイーンカップ」は、無印の「プレサージュリフト」が直線、強く伸びて快勝。

期待し、本命に推した「ベルクレスタ」は直線伸びるも3着止まりで、▲印の「スターズオンアース」が2着に◯印の「ラリュエル」が4着という結果に。

う〜ん…

「プレサージュリフト」が居なければと思いますが、これも競馬。

阪神メインの「洛陽S」は本命に推した「エアファンディタ」が有り得ない所から突っ込んで来て1着入線。

2着にも◯印の「ダーリントンホール」で3着も▲印の「ファルコニア」が入線し、馬券は本線で的中。

予想に3連単馬券は入れて居ませんでしたが、◎⇨◯-▲-★の3連単馬券を買っていたので、収支は大幅プラス計上でした。

まあ、これは運が良かったですね。

3着以下、4着、5着は無印でしたので、ちょい危うい感じも、勝ったので良しとします。

さて、日曜競馬は重賞が2鞍で、内、1鞍は明けて3歳の重賞で、「京都記念」に関しては正直分からない。

天気も微妙ですし。

なので、勝負度合いはちょっと低めですかね?

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

2/5
中京・11R・アルデバランS(OP)・17点【不的中】
2/6
中京・11R・きさらぎ賞(G3)・6点【的中・790円】
東京・11R・東京新聞杯(G3)・24点【的中・1.730円】

上記の様な結果でした。

土曜競馬の中京メイン「アルデバランステークス」は、本命に推した「マテンロウスパーク」は先行するも直線伸びずに8着敗退…。

勝ったのは注印の「スマッシングハーツ」で2着にも◯印の「ニューモニュメント」、3着には★印の「アルドーレ」が入線するも馬券はど縦目の不的中に…。

う〜ん…

これは素直にΩ指数で1位の「ニューモニュメント」を軸にすべきでしたね。

馬券対象の馬のΩ指数が3位⇨1位⇨4位という結果でしたので、これは痛恨のミス。

まあ、指数が全てでは無いのですが、こういった凡ミスが最近多いので、ちょっと気を付けたいかな?

なんて思っていますが…。

続く、日曜競馬の中京メイン「きさらぎ賞」は、本命に推した「マテンロウレオ」が直線追い込み1着入線。

2着にも★印の「ダンテスヴュー」が入り、馬連馬券が的中。

しかし、3着、4着に人気薄が入線し、3連複馬券は不的中。

そして東京メインの「東京新聞杯」は本命に推した「カラテ」が直線ゴチャついてしまい、追い込むも3着止まりに。

勝ったのは最後方からレースを進めた★印の「イルーシヴパンサー」で、2着には注印に評価を下げた「ファインルージュ」が入線。

結果的には◎〜注での決着で、ちょっと無駄な馬券を買いすぎたと反省。

こちらもΩ指数で5位⇨1位⇨3位という結果で、これも「アルデバランステークス」に続きΩ指数で上位の馬のみ買っておけばとホント、反省です。

しかし、「カラテ」は前が詰まらなければ2着は有ったかと思うと、ちょっと残念。

まあこれも競馬ですね。

それでは予想です。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク【判定制度】について。

小倉・11R・北九州短距離S(OP)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は91.6Pで⑥マイネルジェロディ。

Ω指数の上では次位が90Pで⑫メイショウミモザが続く。

90Pを超えて来た馬はわずか2頭。

ここはΩ指数で88Pを超えて来た馬を対象にする。

本命に推奨するのは⑥マイネルジェロディ。

2勝クラス、3勝クラスを勝ち上がって、前走OPの「カーバンクルS」で小差の3着。

ここは脚質的に見てもV争いは濃厚。

相手本線は、⑫メイショウミモザですが、斤量が前走よりも1K増が気に掛かる。

3番手評価は指数89.1Pの⑤ダディーズビビッド。

こちらも前走「淀短距離S」より1Kの斤量増ですが、いずれは重賞を狙う馬なので、ここは是非とも通過して欲しい。

爆弾印の★には、Ω指数で87.2Pの⑨アスコルターレを推奨する。

近走の着順を見ると躊躇するが、前走の「タンザナイトS」が、休み明けで小差の6着ならば叩き2戦目のここはやれて良い。

3連系の紐で、2勝クラス、3勝クラスと勝ち切っている⑱ローレルアイリスに、大型馬で休み明けが心配だが⑪ヴェントヴォーチェを推奨する。

小倉・11R・北九州短距離S(OP)・芝1200m 稍重 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  3着 ⑥ マイネルジェロディ
◯13着 ⑫ メイショウミモザ
▲10着 ⑤ ダディーズビビッド
★  7着 ⑨ アスコルターレ

注17着 ⑱ ローレルアイリス
△  4着 ⑪ ヴェントヴォーチェ

本日は以上の6頭での予想となります。

馬券は3連複、1頭軸で合計10点です。

結果
1着 ビオグラフィー
2着 デトロイトテソーロ
3着 マイネルジェロディ

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

東京・11R・共同通信杯(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は83.8Pで⑤ジオグリフ。

Ω指数の上では次位が83.7Pで⑪ダノンスコーピオンが続く。

ですが、②アサヒの指数が82.4P、⑨ジュンブロッサムの指数が80.1Pで、78Pを上回って来た馬も4頭と混戦模様。

ここはΩ指数で78P以上の馬に的を絞ってみたい。

ただ、今回はΩ指数の上位馬にも不安が有る。

⑤ジオグリフは喉の調子と他馬よりも1K斤量が重く、⑪ダノンスコーピオンは、川田ジョッキーが追い切り後にまだ間に合っていないという発言も…。

ならばこの2頭は思い切って押さえの評価で良いでしょう。

本命に推奨したいのが②アサヒ。

デビュー戦では⑤ジオグリフに惜敗も、0.2差ならば悲観する様な内容でも無い。

その後、鞍上が田辺ジョッキーに乗り替わり、2・1・2着ですが、前走の「東スポ杯」は負けた相手が世代屈指の実力馬と思われる「イクイノックス」で、そこから0.4差ならば問題は無い。

東京1800mも3戦して1勝、2着2回で、その内の一戦は稍重でのもので、出遅れながらも上がり33.9なのだからここでも十分に勝ち負け出来る。

相手本線は、⑨ジュンブロッサムで、鞍上、武豊。

関西馬ながら、デビューから2戦、東京コースを走っていて、尚且つ前走はレコード勝ちしているのだから、その素質は非凡と言えそう。

3番手評価は、面子を見ると、今度こそ岩田パパが逃げの手を打って来そうな⑧ビーアストニッシド。

前走の岩田パパの騎乗に関しては、未だ疑問符が残るものの、この面子で、この距離ならば打つ手は一つで逃げるのみ。

前走も行けそうだったのを何故か岩田パパが抑えてしまい、馬と喧嘩していた様子。

それでも最後にはもう一伸びしていた事から、「京都2歳S」の様に逃げたらそう簡単には捕まらないと思っています。

爆弾印の★には、①サンストックトンを推奨する。

前走、「京成杯」は出遅れた上に、スタンド前での不利も重なっての7着ならば、ここで巻き返す可能性は高い。

前走の敗戦と、鞍上、松岡が地味な印象が有り、前走から横山武から乗り替わりここでも人気を落とす様ならば一発の可能性も十分に有り得る。

以下、注に⑥アケルナスターを推奨。

前走の「ホープフルS」は7着敗退も、鼻差6着の「マテンロウレオ」が「きさらぎ賞」で優勝している事から、ここでも十分に戦えると判断する。

潔く、馬券はここまでとしたいが、3連系の紐で⑤ジオグリフ、⑪ダノンスコーピオン、⑩ダノンベルーガまでを押さえる。

東京・11R・共同通信杯(G3)・芝1800m 稍重 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  5着 ② アサヒ
◯  4着 ⑨ ジュンブロッサム
▲  3着 ⑧ ビーアストニッシド
★10着 ① サンストックトン

注  9着 ⑥ アケルナスター
△  2着 ⑤ ジオグリフ
△  1着 ⑩ ダノンベルーガ
△  7着 ⑪ ダノンスコーピオン

本日は以上の8頭での予想となります。

馬券は馬連の◎⇨◯〜★を本線に3連複フォーメーションの1-3-7で合計18点です。

後、3連単フォーメーションで下記の馬券も豆で買います。

3連単・参考買い目・合計18点
1着 ◎
2着 ◯・▲・★
3着 ◯・▲・★・注・△・△・△

結果
1着 ダノンベルーガ
2着 ジオグリフ
3着 ビーアストニッシド

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

阪神・11R・京都記念(G2)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は94.6Pで⑤サンレイポケット。

Ω指数の上では次位が90.7Pで②マリアエレーナが続く。

だが、Ω指数を見ると、G2にしては物足りない指数で、90Pを超えて来た馬は4頭しか居らず、80P後半の馬が残り全頭と非常に難解な一戦。

Ω指数で上位の⑤サンレイポケットは休み明け、かつ良積は左回りのコースばかり。

②マリアエレーナは掲示板を外したのはわずか一戦のみと安定感が魅力も、牡馬相手で好走した「ケフェウスS」はハンデが48Kと最軽量を活かしたもので、今回はどうか?

熟考した結果、正直に言って、今年の「京都記念」はさっぱり分からない。

っというのが本音ですかね?

ですが、やるからには印を打たねばならない。

こういった時はもうΩ指数の上位馬での印をつけるしかない。

阪神コースの実績は無いものの、京都コースで実績が有る事から、右回りの競馬にも対応出来る事を祈り、本命は⑤サンレイポケットにする。

まあ、本当に半信半疑ですが、鮫島ジョッキーが行けそうと言うのならばそれを信じるのみ。

相手本線は、前走大敗も、阪神コースに実績の有る⑧ラーゴム。

本当に掴みどころの無い馬ですが、そこは池添ジョッキーが上手く乗ってくれる事を祈ります。

3番手評価は⑩レッドジェネシスで、「菊花賞」は惨敗も、「神戸新聞杯」の疲れが有ったとすれば言い訳は立つ。

明日の予報は雨予報なので、馬場が悪化した時は台頭する場面も?

爆弾印の★には②マリアエレーナを推奨する。

好枠を引いて、先行からの粘り込みに期待。

以下、気性がどう出るかですが、89.4Pで鞍上福永の⑨ジェラルディーナに、長丁場が得意な印象も、前走の「中山金杯」で善戦した①タガノディアマンテ。

同じく「中山金杯」で重賞初制覇で具合の良さでなんとかなりそうな④レッドガランまでを押さえる。

阪神・11R・京都記念(G2)・芝2200m 稍重 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  3着 ⑤ サンレイポケット
◯  9着 ⑧ ラーゴム
▲13着 ⑩ レッドジェネシス
★  8着 ② マリアエレーナ
注  4着 ⑨ ジェラルディーナ

△  2着 ① タガノディアマンテ
△  6着 ④ レッドガラン

本日は以上の7頭での予想となります。

馬券は3連複の◎〜★のBOXと3連複フォーメーションの3-3-4で合計16点です。

結果
1着 アフリカンゴールド
2着 タガノディアマンテ
3着 サンレイポケット

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

本日はこんな感じの予想になりましたが、多分、日曜競馬は坊主の可能性が大。

まあ、正直に言ってホンマに分からん…。

なので、ベットは本当に豆に近いベットで競馬観戦します。

はてさて結果や如何に…。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。