独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・大坂杯(G1)&WIN5、Ω指数予想・Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@bakenbu)です。

土曜競馬の中山メイン「ダービー卿CT」は、なんとなく穴目の予想になってしまいましたが、結果は無⇨★⇨◯での決着で結果は私の斜め上を行く大波乱に。

本命に推した「ギルテッドミラー」は好位追走で、4角での位置取りも良かったのですが、やはりペースがちょっと早過ぎた様で、結果的には最後方に居た2頭での決着に爆死。

いや、穴は「フォルコメン」だと思っていましたので、爆弾印の★を打ったのですが、1着に追い込んだ「タイムトゥヘヴン」は買っておらずで…

まあ、こういう歯車の噛み合わない事は、最近多いので、あまり気にはしていませんが、やはりあの馬券は取りたかったのが本音ですね。

さて、明日は春のG1戦、第二弾?いや、春のG1戦の第一弾になるのかな?

「大坂杯」が阪神競馬場で行われますが、いよいよ昨年の年度代表馬の「エフフォーリア」が満を持して登場ですね。

予想のコーナーで、Ω指数を載せていますが、圧倒的な指数となっておりますが、私の本命は?

ちょっと楽しみでも有り、怖くもある「大坂杯」です。

「ばけん部」のYouTubeを始めました。

競馬コラムや、土日のメインレースのΩ指数を先行配信し、Ω指数上位馬の個人的な寸評などをダラダラと話すチャンネルです。

競馬予想のお供に、ラジオ代わりに聴いて頂ければ幸いです。

今後もレース前日の夜の19:00前後にYouTubeで、Ω指数の先行配信と、指数上位馬に関しての見解などを配信しますので、宜しくお願い致します。

YouTubeチャンネルはコチラをクリック。

また、今まで、Twitterはブログ用のアカウントで競馬のTweetもしていましたが、4月からは、競馬専門のアカウントでTweetします。

今後はそちらでのみ、競馬関連のTweetを致しますので、宜しければ「ばけん部のTwitter(@bakenbu)クリック」のフォローも併せてお願い致します。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

3/27
阪神・11R・毎日杯(G3)・16点「不的中(見)」
中山・11R・日経賞(G2)・25点「的中・1.470円・4.080円」
3/28
阪神・11R・六甲S(L)・6点「的中・1.330円・1.230円」
中山・11R・マーチS(G3)・20点「不的中」
中京・11R・高松宮記念(G1)・36点「不的中」

上記の様な結果でした。

土曜競馬の阪神メイン「毎日杯」は、サイトにも書いた様に「見」としましたが、結果的に正解。

勝ったのは「ピースオブエイト」も、2着に「ベジャール」が入線し、馬連でも万馬券と大荒れでしたね。

人気の「ドゥラドーレス」は、ちょっと出負けし、後方からのレースで、直線は前が詰まり、外に外にと持ち出しての3着と言う結果に。

これは力負けでは無いと思うので、次走に期待したいですね。

そして中山メインの「日経賞」は断然の人気馬の「タイトルホルダー」が首差しのいで1着入線。

2着にも◯の「ボッケリーニ」が入線し、3着には△の「ヒートオンビート」が入線し、こちらは順当の結果になりました。

ただ、ここは叩き台の面もあるとはいえ、「タイトルホルダー」の勝ち方には少々不満も?

「天皇賞・春」で人気になる様でしたら、軽視する可能性も有るのかと思っています。

ちなみに「日経賞」は3連単馬券も買っていて、20点で的中も配当安し…。

https://twitter.com/bakenbu/status/1507585594221686791

この様な場合も多々有りますので、是非、Twitterアカウントのフォローもお願い致します。

続く、日曜競馬、阪神メインの「六甲S」は本命に推した「ファルコニア」は2着入線で、対抗の「エアロロノア」が1着に。

そして▲の「カレンシュトラウス」が3着入線で、馬券は馬連本線と、3連複馬券も的中し、幸先の良いスタートを切れましたが、続く、勝負レースであった「マーチステークス」はなんとも…

締め切り時間を間違えて馬券を買えず…

ですが、結果的に馬券は外れでしたので、これはラッキーだったのかな?

続く、大一番の「高松宮記念」は本命に推した「グレナディアガーズ」は先行すると思いましたが、やはり大外枠が響いたのか?

それとも6ハロンのスピードについて行けなかったのか、12着に敗退。

勝ったのは無印の「ナランフレグ」で、重馬場での上がり33.9秒は、ちょっと想像出来ませんが、かなりの鬼脚でしたね。

そして2着には△印の「ロータスランド」が入線も、3着には、17人気の「キルロード」が入線し、大波乱の結末に…。

まあ、上位2頭は買える事は買えましたが、3着の「キルロード」はちょっと無理でした。

差の無い4着には、◯印の「トゥラヴェスーラ」が入線も、仮に3着でも馬券は外れという…。

まあ、ここまで荒れると気持ち良いぐらいで、残念という言葉すら出て来ませんね。

しかし、「レシステンシア」が逃げる可能性は有ると思いましたが、海外帰りが響いたのか、馬体重のプラス18kgが響いたのか?

ちょっと原因不明ですね。

まあ、これも競馬ですか?

それでは予想です。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク「判定制度」について。

WIN5・Ω指数予想

阪神9R   残念①指数1位④指数2位
中山10R 的中②指数1位⑩指数2位
阪神10R 残念⑤指数2位⑨指数1位⑭指数3位
阪神11R 的中⑥指数1位⑧指数5位⑤指数5位⑭指数3位④指数2位
中山11R 残念④指数1位

合計60点。

阪神・11R・大坂杯(G1)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は103.7Pで⑥エフフォーリア。

Ω指数の上では次位が96Pで④ジャックドールが続く。

差が無く95Pで⑭レイパパレに93.4P⑩ヒシイグアス、93.3P⑧ポタジェ、92.9Pの⑬キングオブコージ、92.2Pの⑤アカイイトが続く。

いつも言っていますが、Ω指数で100Pを超えて来た馬の馬券圏内率は非常に高い。

これはYouTubeでも話しましたが、先週の「高松宮記念」の「レシステンシア」の場合は101.4Pでしたが、恐らく、馬体重が響いた事による敗退と見ています。

そんな中で本命に推奨したいのは、Ω指数で5位の⑧ポタジェを推奨したい。

これは本当に、かなりの賭けにはなると思いますし、G1では能力的に足りないのは承知の上での本命推奨です。

前走の「金鯱賞」では、行き足が付かなくて後方からの競馬になってしまいましたが、上がり最速の34.2で4着に食い込んでいる。

昨年の「天皇賞・秋」では「エフフォーリア」から0.8差と完敗も、休み明けの「AJCC」では調教に失敗も0.4差の5着。

そこから状態が上向かない中での「金鯱賞」でも前述した様に上がり最速で4着に入線。

今回は調教は目立たないものの、しっかり稽古を積んで、調教後の馬体重は前走よりも18kg増で、使った上積みを確かに感じられる今回はパワーアップしていると判断する。

確かに、能力で見ると、⑥エフフォーリアが完全に抜けているし、Ω指数の指数も非常に高い。

恐らく、勝つのは⑥エフフォーリアか④ジャックドール、⑭レイパパレが有力でしょうし、この内の中から勝ち馬が出ると思ってはいます。

馬券的には、上記の馬の中から本命を選ぶのが定石だとも思います。

ただ、Ω指数で見ると、⑥エフフォーリアが抜けてはいますし、Ω指数的に本命にするのが馬券で勝つ為の定石だと思います。

ですが、上記の理由から、ここはあえて⑧ポタジェから入ってみたい。

この記事を書いている4/2の22:20現在のオッズは9番人気という低評価。

なので無謀な感じがしない訳でも無いと思っています。

普段ならば、Ω指数で103.7Pの⑥エフフォーリアから入っているのですが、今回はちょっと冒険してみる。

2番手に推奨するのが、Ω指数で7位の⑤アカイイトを推奨します。

⑤アカイイトに関しては、基本、追い込み脚質なのですが、前走の「金鯱賞」では、中段から抜け出して3着に入線している。

これは流石のG1馬の走りで、休み明けを叩いた今回は、更なる上積みを感じられるので2番手に推奨する。

3番手にはΩ指数で3位の⑭レイパパレを推奨する。

前走の川田ジョッキーは、恐らくベストは尽くしてのレースだったかと思いますが、一方で、「ジャックドール」の足を測っていた感もなきにしもあらずか?

G1の今回は、鬼の騎乗を魅せてくれると信じての3番手評価に。

前走後、中間は「ノーザンファームしがらき」で調整されていて、かなり状態が良いらしく、休み明けの前走を使われて更なる上積みを感じられる今回は、頭まで有るのかとも思っています。

最後に爆弾印の★は、今回該当する馬が居ませんが、やはりΩ指数で1位で、2021年の年度代表馬にもなった⑥エフフォーリアを推奨する。

これはYouTubeでもかなり話しましたが、仮に、今回の「大坂杯」に「コントレイル」と「グランアレグリア」が引退せずに走っていたと仮定すると、上位人気にはなるはず。

まあ、競馬にたらればは無いのですが、そういった事を鑑みると、勝つのは恐らく⑥エフフォーリア。

ただ、⑥エフフォーリアにも二つの懸念材料が有り、一つは関東所属馬が勝っていない事。

もう一つは、昨年の「有馬記念」以来のレースになりますが、調教後の馬体重が、休み明け前の「有馬記念」から5kgしか増えていない事。

個人的には、プラス15kg増ぐらいでの出走になると思っていましたが、実際には5kg増程度。

輸送を考慮すると、馬体重は恐らくマイナス体重での出走になるのかと思います。

個人的には、プラス15kg増程度での出走かと思っていましたが、そこがもう一つの懸念材料。

まあ、上記の二点は杞憂に終わる可能性が高いとは思いますが?

今回は、上記の4頭での厳選予想となります。

今回、馬券は◎の⑧ポタジェからの流しの馬連馬券のみでの購入になります。

(遊びで3連単も書いますが。)

ただ、前述した様に、勝つのは恐らく⑥エフフォーリアが有力なので、★印の⑥エフフォーリアからの保険の★⇨◎〜▲印にも流します。

また、小額ですが、3連単馬券も下記に記す通りの買い目で夢馬券を狙います。

人気が予想され、Ω指数で2位の④ジャックドールに関してはYouTubeで話した様な内容で、今回は馬券の対象外と致します。

(詳しくは、「ばけん部」のYouTubeをご覧下さい。)

まあ、人気の2頭で決まる可能性は高いのですが?

阪神・11R・大坂杯(G1)・芝2000m 「的中・10.980円」
【推奨度・Bランク】
◎  1着 ⑧ ポタジェ
◯10着 ⑤ アカイイト
▲  2着 ⑭ レイパパレ
★  9着 ⑥ エフフォーリア

本日は以上の4頭での予想となります。

馬券は馬連の◎-◯-▲のBOXと、★⇨◎〜▲で合計6点です。

3連単・参考買い目。(合計12点)
1着・◎・◯・▲
2着・◎・◯・▲
3着・◎・◯・▲・★

結果
1着 ポタジェ
2着 レイパパレ
3着 アリーヴォ

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

本日はこんな感じの予想になりましたが、「大坂杯」に関しては久々の「Bランク」での推奨ですが、多分、★印の「エフフォーリア」からの馬券の方が現実的です。

また、「大坂杯」はG1に昇格して、今回で6回目となりますが、過去5回で、2回的中しており、その内の一回は帯の払い戻しとなっている相性の良いレース。

まあ、昨年は爆死で7万ペソ吹っ飛びましたが…((笑

ただ、今回は、ちょっと無謀な馬券となっておりますので、基本は★⇨◎〜▲の馬券の方が、現実的だと思っていますが?

まあ、「大坂杯」は毎年、何故か突っ込んでしまうレース。

なんででしょうか?

そしてWIN5に関しては、今回で7回目の挑戦となりますが、今回はWIN5を60点となっておりますので、ちょっと色気は持っていますが?

はてさて結果や如何に…。

\\お試しで競馬最強の法則のWEB公式サイトに無料登録!?//
注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の参考能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。