独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・CBC賞(G3)&ラジオNIKKEI賞(G3)。「炎のワイド馬券転がし3番勝負・第20回」。Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@bakenbu)です。

土曜、福島メインの「TUH杯」は本命に推した「ジャスパージャック」が2番手を追走し、なんとか2着を確保。

しかし、相手本線の「バルトリ」がスタートで後手を踏んでジ・エンド。

勝ったのは3番手でレースを進めていた「サトノファビュラス」が差し切り、3着にも前で粘った「ショウナンバービー」が粘って3連複派高配当に。

人気の「ワンスカイ」は危惧していた通りの結果。

これはちょっと印をつける馬の選定を間違えて死亡フラグ…。

まあ、これも競馬ですかね。

さて、日曜競馬の重賞は2鞍。

ただし共にハンデ戦。

昨年もCBC賞では指数上位馬が2・3着と好走も、ラジオNIKKEI賞は指数が通用しない様子。

なので、ちょっとギャンブル馬券で馬券を購入したいと思っております。

それでは予想です。

「ばけん部」のYouTubeを始めました。

競馬コラムや、土日のメインレースのΩ指数を先行配信し、Ω指数上位馬の個人的な寸評などをダラダラと話すチャンネルです。

競馬予想のお供に、ラジオ代わりに聴いて頂ければ幸いです。

今後もレース前日の夜の19:00前後にYouTubeで、Ω指数の先行配信と、指数上位馬に関しての見解などを配信しますので、宜しくお願い致します。

YouTubeチャンネルはコチラをクリック。

また、今まで、Twitterはブログ用のアカウントで競馬のTweetもしていましたが、4月からは、競馬専門のアカウントでTweetします。

今後はそちらでのみ、競馬関連のTweetを致しますので、宜しければ「ばけん部のTwitter(@bakenbu)クリック」のフォローも併せてお願い致します。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

6/25
東京・11R・江の島S(3勝)・4点「不的中」
炎のワイド転がし3番勝負「不的中」
6/26
阪神・11R・宝塚記念(G1)・17点「不的中」

上記の様な結果でした。

土曜、東京メインの「江の島S」は本命に推した、レーン騎乗の「サトノセシル」が、中段から伸びそうで伸びずに敗退。

正直、阪神メインの「天保山S」にしておけば、本命、対抗で馬券が取れただけにちょっと悶絶…。

続く、日曜の上半期の総決算の「宝塚記念」は本命に推した「ポタジェ」がスタートは上手く決められたものの、隼人がレーンせず、「ポタジェ」も「リスグラシュー」しないで、ジ・エンド…。

最初の直線で負けを確信…。

勝ったのは2番手で競馬を進めていた「タイトルホルダー」で、2:09.7という、驚異的なレコードで勝利。

2着には▲印の「ヒシイグアス」で、3着に鼻差で注印の「デアリングタクト」が入線。

終わってみれば、指数、3位、5位、6位という結果で、指数で90Pを超えた馬での馬券で良かったのかと猛省。

「エフフォーリア」に関しては軽視していたので問題は無いのですが、「ディープボンド」は恐らく、「天皇賞・春」の疲れが響いたのか?

「天皇賞・春」で、ある意味楽な競馬をした「タイトルホルダー」は、成長分もあるのでしょうが、やはり前走が楽な競馬で疲労が無かったのも勝因でしょうか?

まあ、展開を考えれば結果の通りだったのでしょうが、予想の段階で、思考停止をしてしまったのが1番の敗因でしょうか?

しかし、2週続けての坊主は、ちょっとした非常事態宣言ですかね???

 

また、ばけん部の新企画の「炎のワイド転がし3番勝負」も、先週の土曜日で第18回目を迎えましたが、こちらも爆死という結果に…。

まあ、この企画に関しては、正直、今後も当てるのは相当困難な感もしますので、あまり参加はしない方が良いのかも知れません。

とりあえず、私はこの企画を発案した身として、当たるまでは続けるつもりですが、ちょっと当たらないのかな?

なんて思ったりしています。

ので、もしかしたら、キリの良い20回目で終止符を打つ可能性が高いかな?

まあ、そこら辺は追々考えますが、ちょっと当たる気がしないので、勇気ある撤退も必要かも知れません。

「炎のワイド転がし3番勝負」第18回目。

福島9R・清里特別・的中・280円

①-⑦ Ω指数:1位・2位・想定 4.8〜5.3倍

東京10R・日野特別・残念…

①-⑥ Ω指数:2位・1位・想定 2.9〜3.1倍

東京11R・江の島S・残念…

⑧-⑨ Ω指数:3位・1位・想定 3.0〜3.4倍

それでは予想です。

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク「判定制度」について。

炎のワイド転がし・3番勝負・第20回目。

炎のワイド転がし、3点勝負は、元金の3千円を転がして行くという、ちょっと難易度の高い新企画です。

転がしというだけに、最初のレースで外れたらそれで終わり。

上手く3レースを転がせたら、ちょっと面白い配当になるのかと思っております。

基本的にはΩ指数で上位の馬で、馬券的に妙味の有る組み合わせを狙って、高額の払い戻しをゲットんしようという企画です。

まあ、WIN5のΩ指数予想も面白かったのですが、とりあえず、7回目?の挑戦でWIN5は的中したので、更なる高みを目指しての新企画です。

元金が3千円なので、どなたでも割と気楽に参加出来るのかと思います。

※ 元金、3千円の投資は私の場合のベット金額です。参加される方は、ご自身に負担の無い金額でのベットを推奨致します。

※ また、参加される方は、ちょっと長い目で見て頂き、外れてもアンチコメなどは無しで、何卒宜しくお願い致します((笑…

福島9R・鶴ヶ城特別・的中・200円

①-⑦ Ω指数:1位・2位・想定 2.0〜2.2倍

小倉10R・西部スポニチ賞・的中・320円

⑦-⑨ Ω指数:1位・3位・想定 4.1〜5.0倍

福島11R・ラジオNIKKEI賞・残念…

⑪-⑫ Ω指数:1位・3位・想定 16.1〜17.0倍

的中想定金額=39万8千円前後???

7/3日:午前0:45分現在のオッズです。(元金3千円での想定。)

小倉・11R・CBC賞(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は93.6Pで⑰ファストフォース。

Ω指数の上では次位が92.1Pで⑧タイセイビジョンに92Pで②アネゴハダが続く。

ただ、指数3位の②アネゴハダは牝馬の3歳に、指数2位の⑰ファストフォースは昨年よりも4K増と一筋縄では行かない様子。

ここはトップハンデでも⑧タイセイビジョンに本命を打つ。

G1では物足りないが、G3ならば実績上位。

昨年のCBC賞でも同じ斤量で4着に入線した⑧タイセイビジョンを狙い打つ。

指数も高く、昨年も行き脚がついたところでブレーキ失速。

鞍上も同じ川田ならばここは実績上位で、G3ならば、鞍上も同じ川田ジョッキーならば今年は狙い目も立つ。

相手本線は軽量で指数上位の②アネゴハダと最軽量の聖奈ジョッキーが騎乗の⑤テイエムスパーダに食指が動くが、共に重賞勝ちが無いのが気になる。

特に⑤テイエムスパーダに関しては、聖奈人気もあるのでしょうからちょっと注意が必要か?

また、指数で4位の⑫スマートリアンに関しては、先週の「パラダイスS」に出走出来なかった事でのスライド出走なのであまり買う気が起きない。

相手本線は、昨年の勝ち馬で、小倉の6ハロンで、ハンデは4K増加で外枠も、指数上位の⑰ファストフォースが有力か?

近走、冴えないレースが続いているが、1:6.0のJRAレコードで勝ち切った内容は秀逸。

3番手には86.4Pの⑪カリボールが有力か?

指数も86.4Pで、近走7ハロンでの競馬で成績はイマイチでしたが、前走の6ハロンで実績を残している事からも有力か?

爆弾印の★には指数85.4Pの⑯アンコールプリュを推奨する。

近走、着順はかなり下ですが、タイム差はほぼ無し。

小倉での実績は有りませんが、近走の内容を見ると、ちょっと買いたくなってしまうお馬さんですね。

注印には指数3位の②アネゴハダ。

以下、指数は下位でも、⑭タマモティータイムまでを押さえる。

小倉・11R・CBC賞(G3)・芝1200m・H 良 1:05.8 R 「不的中」
【推奨度・Dランク】
◎  2着 ⑧ タイセイビジョン
◯12着 ⑰ ファストフォース
▲  9着 ⑪ カリボール
★10着 ⑯ アンコールプリュ
注  3着 ② アネゴハダ
△  8着 ⑭ タマモティータイム

本日は以上の6頭での予想となります。

馬券は3連複の1頭軸流しで合計10点です。

結果
1着 テイエムスパーダ
2着 タイセイビジョン
3着 アネゴハダ

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

福島・11R・ラジオNIKKEI賞(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は89.2Pで⑥ボーンディスウェイ。

Ω指数の上では次位が85.2Pで①サトノヘリオスに84.8Pで⑫グランディアが続く。

但し、指数上位馬にはちょっと不安が付きまとう。

指数1位の⑥ボーンディスウェイはG1では物足りないものの、G2クラスでも上位。

指数2位の①サトノヘリオスも、G1では足りないものの、G3では胸を張れる存在。

指数3位の⑫グランディアに関しては、出遅れが常の馬で一抹の不安を覚える。

ここは指数で上位の3頭は印の下位にして、印上位は指数は下位の馬から入ってみたい。

と、言うわけで、指数上位の馬から軸候補を選ぶ際に、前走の「NHKマイル」では大敗も、指数80.1Pで負けたのは長期休養明けで大敗も、休み明けでの大敗でも叩き2戦目で変わり身が有りそうな⑪ソネットフレーズ。

相手本線は出遅れが常ながらも指数で84.8Pの⑫グランディアが有力か?

前走「プリンシバルS」では出遅れで、後方からのレースになりましたが、それ以外では出遅れながらも瞬時に好位を取っている事からも指数上位で有力?

3番手には、「皐月賞」では大敗も、それ以外のレースでは順当な成績を残している⑥ボーンディスウェイ。

先行力が自慢の脚質で、G1では「皐月賞」で大敗も、「ホープフルS」では0.5差の5着と安定しているので、これ以上の印には落とせない。

爆弾印の★には牝馬の成績は悪いものの、⑤クロスマジェスティを狙い打つ。

ハンデが53Kで、三浦ジョッキーが騎乗予定も、三浦ジョッキーが馬に脚を踏まれての怪我らしく、鞍上がウチパクに乗り替わりは痛い。

ただ、先入観無く先行、好位で競馬が出来れば、距離は1ハロン伸びるが、福島コース向きな感じも有り、二走前の「アネモネS」の様に先行出来れば面白い。

注印には指数で80Pの⑨ベジャールを推奨する。

指数が80Pで、近三走は連対を外していない。

デビュー戦こそ5着に敗れたものの、二走前はスタートで不利で、前走は出遅れでの競馬。

まともに走れば上位4頭にも肉薄するシーンも思い浮かぶ。

以下、近走盛り返している③フェーングロッテンが面白い。

前走「白百合S」では、「京都新聞杯」2着の「ヴェローナシチー」に勝っている事から、ここでも有力か?

福島・11R・ラジオNIKKEI賞(G3)・芝1800m・H 良 1:46.7 「不的中」
【推奨度・Dランク】
◎  4着 ⑪ ソネットフレーズ
◯  8着 ⑫ グランディア
▲  6着 ⑥ ボーンディスウェイ
★13着 ⑤ クロスマジェスティ
注12着 ⑨ ベジャール
△  1着 ③ フェーングロッテン

本日は以上の6頭での予想となります。

馬券は3連複の◎の流しで合計10点です。

結果
1着 フェーングロッテン
2着 ショウナンマグマ
3着 サトノヘリオス

3連複フォーメーションの買い目について。3連複馬券の儲かる買い方を解説します。

本日はこんな感じの予想になりましたが、新企画の「炎のワイド転がし3点勝負」に関しては、本当に買わない方がいいのかと思います。

今回で、第20回目を迎えましたが、ちょっと、指数を出す時間的な余裕が無いので、一旦ここで終了させて頂きます。

小倉、福島のメインに関しては、ちょっと人気の馬を蹴った感も有りますので、馬券的にはどうかもも、妙味は有るのかと思っています。

この結果がどう出るでしょうか???

はてさて結果や如何に…。

注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の参考能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。