独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2022・白富士ステークス(L)・Ω指数&予想公開。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

しかし「オミクロン株」の猛威は凄いですね。

私は基本、テレワークなので、外出は極力避けているのですが、買い物で外出した際はちょっと怖いですね。

競馬界にも波及している様ですが、この先無事に開催されたらと思っています。

しかし、先週、先々週と坊主という結果に…。

まあ、競馬に常勝は無いので、今週あたり馬券が的中するのでは?

なんて楽観視しております。

先週の結果。

先ずは先週の結果からどうぞ。

1/22
中山・11R・初富士ステークス・16点【不的中】
1/23
中京・11R・東海ステークス(G2)・18点【不的中】
中山・11R・AJCC(G2)・12点【不的中】

上記の様な結果でした。

土曜競馬の中山メイン「初富士ステークス」は、本命に推した「ロードトゥフェイム」が大きな出遅れもなく後ろからの競馬で3着に。

そして罠の香りがすると言っていた「パラダイスリーフ」も最後方からの競馬で末脚を伸ばし2着に善戦。

しかし、勝った「ライデンリーダー」は馬券に入れておらずに無念の不的中。

これは勝った「ライデンリーダー」の大野ジョッキーの好騎乗でしたね。

このレースは珍しく、逃げた馬と、最後方からの馬のワンツーという結果でした。

そして日曜競馬、中京メインの「東海S」は本命に推した「ブルベアイリーデ」は最後追い込むも3着が精一杯。

勝ったのは△の「スワーブアラミス」で、2着に注の「オーベルニュ」が入選。

このレースに関しては、完全に私の馬券の買い方が下手。

Ω指数で1位の「オーベルニュ」が2着、Ω指数で2位の「ブルベアイリーデ」が3着、そして勝った「スワーブアラミス」のΩ指数は5位だったので、これは素直に指数上位の馬を買うべきでした。

「オーベルニュ」に関しては、過去の重賞での勝利が足抜きのいい馬場だった事を加味して評価を下げたのですが、それが完全に裏目でした。

続く中山メイン「AJCC」はΩ指数の上位馬が全て馬券圏外に。

ただ、この指数を見ると、いかにも荒れそうな指数で、勝った「キングオブコージ」はΩ指数で89.7P。

2着の「マイネルファンロン」もΩ指数は89.1Pで、3着の「ボッケリーニ」こそ指数が85.6Pと、伏兵の域を脱していなかったのですが、トップの「オーソクレース」の指数が98.8Pで、2位の「ポタジェ」が93.2Pとそこまで差は無かった。

「ボッケリーニ」を△評価するならば、「キングオブコージ」と「マイネルファンロン」にも印を回すべきレース。

指数上位の「オーソクレース」と「ポタジェ」が休み明けだった事に対し、勝った馬から3着までの馬は昨年12月の「中日新聞杯」に出走していたので、順調度の違いでしょうか?

まあ、「AJCC」に関してはちょっと馬券は組めなかったというのが正直なところですね。

馬券に関しては、TwitterでTweetした様に、「AJCC」は馬券妙味が無いという理由で、3連単馬券の豆を22点のみ購入。

また「東海S」に関しては、中京がレース開始の1時間ほど前からの雨という事で、こちらも控えて購入したので、被害は少なかったのですが…。

しかし…

シンザン記念の「ビーアストニッシド」の鼻差のそれ4以来、ちょっと流れが悪くなって来ました。

しばらく、馬券はセーフティーに購入したいと思っていますが?

それでは予想です。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク【判定制度】について。

東京・11R・白富士ステークス(L)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は92.4Pで④ジャックドール。

Ω指数の上では次位が90.9Pで⑫ラインベックが続く。

このレースはリステッド競争にしては珍しく、Ω指数で90Pを超えている馬が2頭のみ。

ただ、80P後半の馬が大半を占めており、ちょっとばかり難解なレースですね。

ここは一貫して芝2000mを使って、現在3連勝中の④ジャックドールから入ってみたい。

人気はするでしょうし、脚質も逃げ・先行ながら、馬券圏内を外したのはリステッド競争の「プリンシパルS」のみ。

クラスが上がる毎に2着馬との開きが大きくなっている事から、リステッド競争のここでは主役を張れると見ます。

相手本線はこの指数ならば上位にも食い込むチャンスの有る③アドマイヤハダル。

デビュー以来、大きく負けたのは2走前の「東京優駿」のみで、距離が若干長かったのかも知れません。

今回はリステッド競争の2000mならば、前走「ディセンバーS」からの上積みが期待出来そう。

3番手にはΩ指数で90.9Pならば、この面子なら先行、粘り込みも期待出来る⑫ラインベック。

爆弾印の★には、2021年は障害レースを3戦使われて結果は出なかったものの、前走のリステッド、「オクトーバーS」で少差の4着で、休み明けを叩かれて上積みの見込める①レッドサイオン。

前走が「パンサラッサ」から0.4差で、昨年のこのレースでは8着ながら、勝ったのが「ポタジェ」で、そこから0.5差ならば悲観する程でもない。

以下、3連係の紐として、昨年の「皐月賞」から調子を崩した感の有る⑪ディープモンスターも調教良く、立て直した感じを受ける。

⑭グラティアスも近走の成績を見ると買えないが、相性良い鞍上ルメールとこの指数ならば押さえは必要か?

前走の内容を見ると、着実に力を付けている⑤シュヴァリエローズにも注意が必要。

追記:1月29日:0:10分

Ω指数で86.2Pで、東京コースの合う②アトミックフォースを3連系の紐に追加します。

東京・11R・白富士ステークス(L)・芝2000m 【的中・580円・1.470円】
【推奨度・Cランク】
◎  1着 ④ ジャックドール
◯  2着 ③ アドマイヤハダル
▲14着 ⑫ ラインベック
★  7着 ① レッドサイオン
注  5着 ⑪ ディープモンスター
△  3着 ⑭ グラティアス

△  4着 ⑤ シュヴァリエローズ

▽13着 ② アトミックフォース

本日は以上の7 8頭での予想となります。

馬券は馬連の◎⇨◯〜注を本線に3連複フォーメーションの1-3-6 7で合計16 19点です。

3連単馬券・参考買い目 【的中・4.710円】
1着 ◎
2着 ◯・▲・★・注
3着 ◯・▲・★・注・△・△・▽
合計24点

結果
1着 ジャックドール
2着 アドマイヤハダル
3着 グラティアス

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

本日はこんな感じの予想になりましたが、2週続けて坊主という結果なので、あまり強気に馬券は買えないのかな?

っとも思っていますが、なんとなく面白いレースにはなりそうですね。

こういったレースは手堅く仕留めたいのですが?

爆弾印の①レッドサイオン絡みの馬券は面白そうですね。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。