独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

2021・エリザベス女王杯(G1)&福島記念(G3)・Ω指数&予想公開。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

土曜競馬の東京メイン、【武蔵野ステークス】は本命の【エアスピネル】は2着に来て、1着にも★印のソリストサンダーが来たものの3着が抜けで不的中。

Ω指数で100P超えで2位の【ワンダーリーデル】は7着、3位の【タガノビューティー】は6着と凡走も、指数で1位の【エアスピネル】が来たので良しとしますか?

◎⇄★の馬連は買っておくべきだったと、チョイと反省。

さて、日曜日の競馬は重賞が2鞍有りますが、その内の1鞍はハンデ戦で、もう一つはG1レースの【エリザベス女王杯】。

昨年の【エリザベス女王杯】は3着の【ラヴズオンリーユー】が抜けで無念の不的中でしたが、今年はどうでしょうか?

先週の馬券結果。

先ずは先週の馬券の結果からどうぞ。

11/6
福島11R・河北新報杯・4点【不的中】
東京11R・京王杯2歳S(G2)・10点【不的中】
11/7
阪神・11R・みやこステークス(G3)・9点【不的中】
東京11R・アルゼンチン共和国杯(G2)・15点【不的中】

上記の様な結果でした。

土曜競馬の【河北新報杯】は本命の【タイセイサムソン】は2着に来たものの相手が居らずに不的中…。

【京王杯2歳ステークス】は本命の【レッツリブオン】が5着で不的中…。

日曜競馬の【アルゼンチン共和国杯(G2)】は本命に推した【サトノソルタス】は直線、前が壁になって伸びきれず。

まあ、前が空いたとしても厳しかったですね。

馬券は縦目で無念の不的中。

勝った【オーソリティ】はG2クラスならば流石という走りで1着入選でした。

そして勝負としていた【みやこステークス(G3)】は、Ω指数で100Pを超えていて、本命に推した【クリンチャー】がまさかの6着に…。

やはり、休み明けだった事と、前につけた馬には厳しい展開だった事も有るのでしょうが、いささか不可解とも思える結果に。

そして期待していた【ヴェンジェンス】は9着で【スワーヴアラミス】は7着という結果。

唯一、爆弾印の★の【ロードブレス】のみ2着に健闘してくれましたが、この結果は正直言って非常に残念です。

また、最近、Ω指数で100Pを超えた馬の凡走はほぼ記憶に無いので、ちょっと萎えてしまいます。

しかし、このところ毎週お決まりの文句になってしまいますが、本当に競馬は難しい。

まあ本日も気負わずにいつもどおりの予想をして行きたいと思います。

それでは予想です。

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

またこのサイトで使用しているΩ指数に関して分からないという方は下記のリンクから記事を御読み下さい。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は競馬人口全体の6~8%らしいですね?

このサイトでの【判定】に関する事で分からないところは下記のリンクをお読み下さい。

馬券購入の勝負ランク【判定制度】について。

福島・11R・福島記念(G3)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は94Pで②ココロノトウダイ。

Ω指数の上では次位が92.8Pで⑨ステイフーリッシュが続く。

ですがハンデ戦らしく、Ω指数で90Pを超えてきた馬が7頭で、それに迫る指数の馬も7頭と大混戦の様相ですね。

ここはΩ指数で3位の⑬バイオスパークを本命に推す。

昨年のこのレースでは、ハンデ55Kで1着に入選していますし、前走は競走中止でしたが、その影響は無くここでは本命に推したい。

相手本線はΩ指数で91.9Pの⑧パンサラッサ。

調教もとても良い動きをしていてこの指数ならば逆転の目も有り得る。

3番手にはΩ指数で1位の②ココロノトウダイを推奨する。

ハンデも55Kと手頃で、尚且つ前走を叩いた上積みは十分で、ここはまとめて負かす可能性も高い。

そして爆弾印の★印にはΩ指数では少し劣るものの、⑫ヒュミドールを推奨する。

福島コースには実績が有り、2走前ぐらい走れば走破圏内だろう。

以下、連勝中の⑩アラタに、⑭マイネルファンロン、⑮フェアリーポルカ、③ブラヴァス、⑨ステイフーリッシュ、④ヴァンケドミンゴまでを押さえる。

福島・11R・福島記念(G3)・芝2000m・ハンデ 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  9着 ⑬ バイオスパーク
◯  1着 ⑧ パンサラッサ
▲16着 ② ココロノトウダイ
★  2着 ⑫ ヒュミドール
注  3着 ⑩ アラタ
△  8着 ⑭ マイネルファンロン
△  7着 ⑮ フェアリーポルカ
△14着 ③ ブラヴァス
△  4着 ⑨ ステイフーリッシュ

△  6着 ④ ヴァンケドミンゴ

本日は以上の10頭での予想となります。

馬券は3連複フォーメーションの1-2-9で合計15点です。

結果
1着 パンサラッサ
2着 ヒュミドール
3着 アラタ

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

阪神・11R・エリザベス女王杯(G1)・Ω指数

Ω指数での最上位評価は98.3Pで①レイパパレ。

Ω指数の上では次位が95.8Pで③アカイトリノムスメが続き、差がなく95.5Pで⑨ウインマリリンが続く。

ですが上記の3頭はそこまで抜けた指数では無く、Ω指数で90Pを超えた馬は7頭で、80P後半の馬が5頭と混戦模様です。

また、上位3頭は①レイパパレは距離が若干長く、③アカイトリノムスメは前走がメイチの仕上げ、⑨ウインマリリンは右の肘腫の状態と不安がなきにしもあらず。

そんな中で今回本命に推すのはΩ指数で2位の③アカイトリノムスメです。

Ω指数の上位の中では一番減点材料が少ないのが③アカイトリノムスメ。

距離は勿論問題はないですし、調教もよく動いていて、鞍上も戸崎ジョッキーならば問題は無い。

よって本命に推してみる。

対抗にはΩ指数で4位の⑧テルッェトを推奨したい。

デヴュー以来、最長の距離の戦いになりますし、中10週で臨んだ馬の成績が悪いのは承知の上での対抗です。

3番手には右の肘腫の状態が悪いので、どうかとも思いましたが、Ω指数で2位の⑨ウインマリリンを推奨します。

右の肘腫の状態が悪いとの事ですが、調教も動いており、ここはあまり気にしなくても良いのかな?

なんていう結果になりました。

鞍上も絶好調の横山武ジョッキーなので問題はなく、【オールカマー】の走りさえ出来れば上位2頭に逆転の目も有ると思っています。

そして爆弾印の★印には⑥ランブリングアレーを推奨します。

前走の【オールカマー】は休み明けでも、勝ったウインマリリンから0.6差なら使った今回はもっとやれていい。

最後に⑮ウインキートスを挙げておきたい。

Ω指数では89.4Pと、若干見劣りますが、調教も抜群に動いていて、前走の【オールカマー】でも2着の実績が有るので押さえは必要でしょう。

Ω指数でトップ評価の①レイパパレに関しては、ルメールジョッキーが騎乗もやはり距離の壁が有ると見て、思い切って無印にしました。

※15:17 パドックの状態が非常に良く見えたので①レイパパレを紐に追加します。ただ馬券は元返し程度での購入になります。

東京11R・エリザベス女王杯(G1)・芝2200m 【不的中】
【推奨度・Dランク】
◎  7着 ③ アカイトリノムスメ
◯11着 ⑧ テルッェト
▲16着 ⑨ ウインマリリン
★  9着 ⑥ ランブリングアレー
注10着 ⑮ ウインキートス

△  6着 ① レイパパレ

本日は以上の5 6頭での予想となります。

馬券馬連の◎⇨◯&★&注と3連複・◎の1頭軸で合計9 13点です。

(馬連馬券に関しては変則的な買い方になっていますのでご注意下さい。)

結果
1着 アカイイト
2着 ステラリア
3着 クラヴェル

3連複フォーメーションの買い目について【参考買い目】。

本日はこんな感じの予想になりましたが、【エリザベス女王杯】は当初、本命視していたウインマリリンの調子が今一つなのが気掛かり。

福島のメイン【福島記念】は多分、人気しないであろう、【バイオスパーク】からの馬券なので点数が少し多くなっています。

まあどちらかと言えば【エリザベス女王杯】の方に力を入れて馬券を買って行きたいですね。

注意
買い目はあくまで参考程度で考えて下さい。
またΩ指数はあくまで各馬の能力値ですので絶対的なものでは有りません。
馬券の購入は個人の責任においてお買い求め下さい。
参考買い目やΩ指数で損害を被ったとしても当方では一切の責任は負いかねますので予めご了承下さい。

Kera

この予想を信じるか信じないかは貴方次第です。

“TARO”

ま〜た都市伝説かよƪ(˘⌣˘)ʃ

\\競馬最強の法則のWEB公式サイトを見る//

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。