独自の指数、Ω指数を用いて馬券は投資と考える馬券に特化したブログです。

JRAの単勝1番人気の馬の馬券圏内率はどの程度なのか?3連複馬券やワイド馬券で勝負する方には必須のデータです!?

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です

よく競馬の予想をする時に『俺は1番人気からの馬券は買わない!?』

と言う方が多い様に見受けられます。

実際に、私の競馬仲間でも絶対に1番人気は頭から入らない方も居ます。

確かに配当を鑑みるかんがみると1番人気が馬券に絡むと配当妙味が下がる。

ただ1番人気というだけあってそのレースで、最も馬券に絡む確率が高いというジレンマが生じます。

では1番人気で買うべき馬はどの様な馬なのでしょうか?

以下、2019年での1番人気の成績を見てみると面白い傾向が見られます。

単勝1番人気の3着内率は65%。

単勝1番人気が3着内に好走するケースは65%です。

大体3回に2回程度は馬券圏内に入る計算です。

逆に言えば3回に1回程度は馬券圏内を外すという事ですよね。

ただ馬券圏内に入選する確率は65%なのですからやはり無視できない馬券率です。

単勝人気1.1倍〜1.9倍の場合。

単勝人気が1.1倍から1.9倍の場合では馬券圏内率は79%です。

これは結構高い確率で馬券に絡むことが予想されます。

それでも5回に1回は馬券圏外ということは頭に入れておいた方が良さそうですね。

単勝人気が1.5倍以内の馬は黙って買うべき。

では1番人気を買った方が良い場合はどう言った場合でしょうか?

ずばり単勝の人気が1.5倍以内の馬は黙って買いだと思っています。

なぜなら単勝人気が1.5倍の人気馬が馬券圏内率(3着以内)に絡む確率はずばり90%です。

これはあくまで2019年の統計なのですが、記憶に新しいところでは1.5倍の1番人気であった、2019年の有馬記念でのアーモンドアイ号は単勝人気1.5倍で馬群に沈みましたから、残りの10%に属していたのでしょう。

ただ、統計で見ると、単勝1.5倍以内の人気馬は黙って買っておいた方が良いと思います。

実際に昨日の日本ダービー(G1)でのコントレイル号の単勝人気は1.4倍で、2着のサリオス号に3馬身の差をつけてぶっちぎりの優勝でしたね。

そういう事を鑑みると、単勝人気が1.5倍以内の馬の馬券は頭から買って大丈夫だと思います。

単勝1番人気で危ないケースは?

単勝人気で危ない人気馬のケースはズバリ、単勝4倍以上の馬です。

単勝1番人気でのオッズが4倍以上の馬の馬券圏内率は42%と、グッと馬券圏内率が下がります。

俗に言う危険な人気馬ですね。

この様な場合、半分弱の確率で馬券から飛ぶので、思い切って馬券から切るのも一つの馬券の買い方ですよね。

1番人気が好走する競馬場、逆に飛ぶ可能性が高い競馬場。

JRAには複数の競馬場がありますが、その中で1番人気が好走する競馬場と、残念な結果になる競馬場が有ります。

1番人気が好走する競馬場=函館競馬場

函館競馬場の場合ですが、1番人気の馬券圏内率は75%です。

これは函館競馬場で行われるレースに少頭数のレースが多いのが原因かと思われます。

1番人気が苦戦する競馬場=福島競馬場

福島競馬場での1番人気の馬券圏内率は56%ととても低い確率です。

以上の事を念頭に入れて馬券の予想をしていけばこれからの夏競馬での馬券の的中率、及び回収率が上がるかも知れませんね。

今日はちょっとした馬券の雑学の記事でした。

ちなみに私の場合ですが、基本的には予想をする時にあまりオッズを見ない事が多いです。

っと言うかオッズを見れない。

というのもこのサイトで馬券の予想をして公開する時にはオッズがまだ発表されていないという事が1番大きい。

また、私の馬券の予想の根幹はΩ指数です。

Ω指数を元に馬券の予想を組み立てるので、オッズはあまり気にしません。

まあそのお陰で万馬券を取れる事も多いのですが…。

以上、ご自身の馬券作戦の参考にして下さいね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。